読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画ソムリエ空無人間による、映画批評

紹介する映画を見た事ある人、見た事ない人。どちらも参考になるサイトです。

「そこのみにて光り輝く」の感想を一言で言うと、「大した話じゃない」

はい今日は

f:id:kn-ia-5101:20170207195347p:plain

dvd

 

「そこのみにて光り輝く」です。

上の画像はこの映画の象徴なので、あげました。

後述します。

 

 

簡単なあらすじ

・気力を失った男と、全てを諦めた女が惹かれ合うって話です。

 

 

このブログに出てくる登場人物

・佐藤達夫=仕事を失い何をするでもなく街を彷徨き、堕落した毎日を送っている。

 

・大城千夏=身体を売って、生活費を稼いでいる。

 

・大城拓児=千夏の弟。ハチャメチャな性格だが、どこか影がある。

 

 

この映画を見て

・タイトルで書いた通り、そこまで大した話じゃないなというのが第一印象。なぜなら設定自体に既視感があったし、話の流れもそこまで特徴的ではなかった。

もちろん設定は重たいものであったし、話もきちんと波はあった。だがどこか物足りない様に感じたんだよな。

個人的に最後の20分は、蛇足だったと思う。そこで二人の感情が交差するのは分かるが、その前に弟が同じ様な事をしていたじゃん(ネタバレしない様に書いてます)。となると、最後のは良くない駄目押しにしか見えない。少し残念。期待して見ていたんだけどな。

 

 

この映画をお勧めしたい人。

・邦画特有のエロチズムで、暴力的な作品が好きな人。

 

 

 

この下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほども書きましたが、最後の20分は蛇足でしかなかったと思うんですよね。

場面でいうと、千夏が父親を殺そうとする所です。

 

別に殺しにかかる必要はなかったでしょ。その前に拓児が、千夏の腐れ縁の男を刺したんですから。その後で千夏が殺していたら、ただの内容の重複です。

 

父親の存在が疎ましく感じていたのは、劇中で描かれています。ですが殺そうとするには、遅過ぎるのではないでしょうか。それなら拓児が男を刺す前段階の、千夏が途方に暮れている後のシーンで良かった筈です。

f:id:kn-ia-5101:20170207224706p:plain

dvd

 

この後です。

千夏はボロボロになった状態で、家に入ってきます。暫く呆然とした後、煩い父親の首を締めようとします。それを見た拓児が、「やめろよ」的な感じで千夏を止めます。そこで拓児は、千夏の腐れ縁の男に殺意を持つのです。

 

こっちの方がいいでしょう。映像的にも拓児が男に、殺意を持ったんだなと分かるからです。先程のままで見たら、拓児はただのサイコパスにしか見えませんからね。

 

まぁ満身創痍になった千夏を見て、達夫がいきり立ったのかもしれないと捉える事は出来ますけどね。でもそれじゃシナリオ的に、意味が通っていない事になりませんか?

 

それまで「ねぇちゃんの所に泊まったんだろ?」とか、「(腐れ縁の男と)上手くやってくれよ」と言っていたんですから。今更、「姉の気持ちが分かりました」になりますかね。

 

そしてその後、弟も捕まったので捨てるものがない的な感じで、父親を殺そうとする千夏。

サイコパス一家かよ。ちょっと理解不能です。それにあんなタイミングよく、達夫が止めに入りますかね。映画だなと感じずにはいられませんでした。

まぁテーマは嫌いじゃないですよ。でも私にはあまり合いませんでした。

 

今日はそのくらい

星10個中、7個

それじゃ

 

『悪の法則』の感想を一言で言うと、「ドンマイ」

はい今日は

f:id:kn-ia-5101:20170201171403p:plain

DVD 

 

「悪の法則」です。

上の画像は、私が一番印象に残ったシーンです。

それについては後述します。

 

 

簡単なあらすじ

弁護士のマイケルが、金に目が眩み麻薬ビジネスに手を出してしまいます。そして堕ちるという内容です。

 

 

このブログに出てくる人物表

・マイケル=弁護士。純朴そうで、悪に徹しきれない。

 

・ローラ=マイケルの婚約者。幸せだったのに、、、、

 

・マルキナ=一連の首謀者。おばさんの癖に色気を漂わす。

 

・ウェストリー=麻薬ビジネスをマイケルと共に企んでいた仲間。

 

 

この映画を見て

・とにかくローラが可哀想。マイケルというダメンズに引っかかってしまったのですね。まぁ薄々気づきならも、強く言わなかったローラにも非があるっちゃあるんですが。

映画を観終わった時は、本当に気分が沈みました。それもこれもローラが可哀想で可哀想で。感想はとにかくこれしかないです。

ローラは別にキーパーソンではないんですが、だから余計に辛くなりました。

目の前の餌に目が眩むと、結局は地獄を見るしかないのだなと勉強になりました。これは実生活でもそうですからね。うまい話には裏があるって言うじゃないですか。

そう言う意味でも、この映画は教材ビデオになると思います。

 

 

この映画をオススメしたい人

・「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のような雰囲気が好きな人。もしくは、騙し合いの知能戦が好きな人です。

 

 

 

 

この下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず上の画像の解説をしたいと思います。

これはマイケルが今までの行動を、後悔している場面です。

マイケルは金を大量にもらえるという事で、麻薬ビニネスを手伝います。ですが他の麻薬組織に目をつけられ、自分ではなく婚約者を連れ去られてしまいます。その事実に後悔して涙を流しているのですね。

そうですよね。自分が殺される分には、報いと捉えれる事が出来ます。ですが婚約者はこのビジネスに関係ない訳ですから、そりゃダメージは大きい筈ですね。

 

 

この映画のポイント

・オチは良かったです。何度も言っている、ローラを連れ去ったのですから。

マイケルが撃たれて終わりなら、私もそこまで印象には残っていませんでした。普通ですからね。

ラスト、マイケルの元に「やぁ」と書かれたDVDが送られてきます。マイケルはそれを見て、泣き崩れます。

f:id:kn-ia-5101:20170201184805p:plain

DVD

 

そして映画は終わるのですが、ここも想像力を掻き立たせる効果があってポイント増でした。

私の想像を言うならば、処刑シーンか強姦シーンでしょう。

とにかく想像させられるので、映像よりも悲惨な感じになりました。

 

 

今日のところは以上。

星10個中8個

それじゃまた。

 

 

『ノック・ノック』の感想を一言で言うと、「意味不明」

はい今日、紹介するのは

f:id:kn-ia-5101:20170127214041p:plain

DVD

 

「ノック・ノック」です。

 

上の画像は私が気になったシーンです。

後述します。

 

簡単なあらすじ

仲陸まじく家族で暮らしていたエヴァン。ある日エヴァンは仕事の為、一人家で留守番をしていました。そこに謎の美女二人が玄関を叩きます。エヴァンはその二人を雨宿りさせる為に、家の中に入れてしまいます。そこから地獄が始まっていきます。

 

このブログに出てくる人物表

エヴァン=妻一筋の紳士的な旦那。ただ典型的なウブ系ですね。美女二人が家に入りくつろぎ出したら、キョドってましたし。

 

・茶髪美女=頭のネジがぶっ飛んでる。クール系。

 

・金髪美女=上と同じネジがぶっ飛んでる。好奇心旺盛系。私的にはこちらの方がタイプ。

 

 

この映画を見て

・タイトル通り、意味不明。どうしてこの二人が家にやって来たのか不明瞭。ただラストでそれらしい事を言うので、後で推測したいと思います。

それを抜きにしても、二人の行動パターンが読めない。逆に面白かったけどね。ホリケンを見ているみたいで。

 

 

この映画をオススメしたい人

・ハチャメチャな感じの映画が好きな人。可愛い子のお○ぱいを見た人です。

 

 

この下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず上の画像の解説を言いたいと思います。

どうして私があの場面が気になったのかと言うと、ここがターニングポイントになると思ったからです。

 

このシーンは、美女が部屋に入って来て少しした場面です。

女はまだ心を開かないエヴァンを誘惑する為に、「音楽をかけて」と言います。そして自分で「これが良い」と言う風に、男にレコードを渡します。

 

その歌詞が上記の画像なのです。エヴァンもこの音楽を聴いて、少しテンションが上がってしまいます。

もし、ここでエヴァンが冷静に考えれば、おかしいなと思った筈です。

 

「知らない曲ばかり」と言っていた女が選んだ曲は、今の状況にぴったりなんですから。

まぁ男なら目の前に餌があれば喰いつく習性を持っているので、どうにもならなかったでしょうが。

 

 

この映画の良かった点

・一番はエロいって事でしょうか。カップルで見ると、険悪なムードになりかねません。やめておきましょう。それに内容も内容ですしね。

他にもシーンがほぼ家の中なのに、退屈を感じさせなかったというのもポイント増ですね。

 

 

この映画の悪かった点

・まぁどちらかと言うと、こっちの方が多いいです。

一つ目は、前述した通り女の行動目的がわからない。

ですが少し私なりの解釈を言いたいと思います。

女は最後に、「あなたは断ると思ってた」「これはゲーム」と言っています。この事から女たちは、標的の男が家族と自分どちらかを取るのかってのを見ているのです。もっと詳しく言うと、誘惑に負け女とSEXをしたのを、きちんと奥さんに伝えれるかって事ですね。それが家庭崩壊に繋がるとしても。

この女たちは自分の体を使い、男がどんなに汚い生き物かってのを調べていたのでしょう。

 

二つ目は、女たちがイカれ過ぎてついていけない。

色々とあるのですが、一番印象に残ったのはハンマーで作品を壊している所です。

あの狂気っぷり引きました。薬物をしていたらそんな感じになるのでしょうが、そんな描写もありませんでした。それなのに、あそこまで弾けられたら観客は置いていかれます。現に置いていかれましたから。

 

今日はそんな所です。

星10個中、3.5個です。

それじゃまた。

 

『ボーダーライン』の感想を一言で言うと、「つまり因果応報」

はい今日は

f:id:kn-ia-5101:20170116224936p:plain

ボーダーライン/dvd

 

ボーダーラインを紹介したいと思います。

上の画像は、私が一番心に残ったシーンです。

後述します。

 

このサイトで出てくる人物表

・ケイト=仕事一筋でやり手の女に見えるが、実際の精神は脆い。

・アレハンドロ=妻と子供を惨殺され、復讐の為に冷徹な人間と化した。

ファウスト=ソノラ・カルテルのナンバー3の人物。

・シルヴィオ=妻と子供がいるが、麻薬の運び屋をしている。

 

簡単なあらすじ

・子羊的なケイトが麻薬カルテルに立ち向かっていく話です。

 

この映画を見て

・そうなんです、この映画は何処か「羊たちの沈黙」に似ている気がします。羊たちの沈黙を知らない人は、見てください。とても面白いので。

で、どこが似ているかと言うと、ケイトとクラリスの性格が似ているんですね。二人とも一丁前に正義感は強いくせに、どこか弱い部分がある。そいうった所で重なる部分が多々ありました。

 

この映画をオススメしたい人

・まぁ普通にどんぱちしているのが好きな人。暗い映画が好きな人。ハッピーエンドではない終わり方が好きな人です。

 

 

この下ネタバレ有り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭の画像について

・あれは最後ケイトが打ち拉がれる場面ですね。どうして打ち拉がれてるのかと言いますと、自分の弱さに折れてしまったからです。

最初からノリノリでは無かったですが、やはり挫折感を味わっちゃいますよね。そこまで心を鬼に出来なかったのです。彼女は優しすぎました。

この映画を見ている人は、二通りに別れます。アレハンドロ派かケイト派かに。つまり冷徹だが、目的はしっかり達成するアレハンドロ。正義感は強いが、いざという所で振り切れないケイトか。

仕事の観点から言うともちろんアレハンドロなんですが、人間的なのはケイトではないでしょうか。それを顕著に表しているのは、麻薬運び屋のシルヴィオを殺すアレハンドロのシーンでしょう。

ここで観客は酷いな、と思う事でしょう。ですが一呼吸おくと、彼も悪い事をしていたから当然じゃないかという感情も生まれてきます。その感情こそがケイト派と、アレハンドロ派に二分する理由です。

上の画像はそういった彼女の人間味を垣間見れたので、私が一番気に入ったシーンです。

 

 

感想・メリット

まずシナリオというか、キャラクター造形が深かったですね。先ほど上で書いた通り、対立する二人の感情が交わる事なく平行線に続いていきます。

そしてそれを描く演出も素晴らしかったです。例えば終盤、アレハンドロがファウスト以外の家族を殺した時のファウストの表情とかね。

ここでは自分のしてきた事の意味がようやく分かった。がこいつを殺したい、という複雑な念も読み取る事が出来ます。

f:id:kn-ia-5101:20170117075521p:plain

ボーダーライン/dvd

 

 

感想・デメリット

一つは安易すぎるといった所でしょうか。

簡単にアレハンドロがファウストに辿り着く事が出来ました。普通、ナンバー3ぐらいなら厳重すぎる警備の中で暮らしていてもおかしくないです。いつ殺されるか分からないですからね。ですが門に数人いるだけでした。殺してくれって言っているようなものじゃないですか。

ファウストに近づく時も、広場で銃撃戦があっても良かったです。その方がファウストの家族が今から起きる事を予測し、絶望感が高まったと思うので。

 

まぁ今日はそこまで

星10個中7.5個

それじゃまた

『獣は月夜に夢を見る』の感想を一言で言うと、「美しく悲しい物語」

 はい

今日は

『獣は月夜に夢を見る』を紹介します。

f:id:kn-ia-5101:20161231135329p:plain

獣は月夜に夢を見る/DVD

 

上の画像は私が一番、印象に残ったシーンです。

下で詳しく後述します。

 

内容はある一人の少女が狼になっていくというものです。

実際にはあり得ない設定なのですが、ストーリーがスッと頭の中に落ちていきます。

 

私たちが日々持っている、葛藤や矛盾感がこの作品に色濃く反映させている事が関係しているのでしょう。

 

この下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から言うと、あの結末は納得しません。

これには賛否が分かれると思います。

 

ダニエルとくっつかないと、マリーは更に酷い心理状態になるというのは分かります。

ですがそれを踏まえても、この作品の流れ的にはそのパターンも有りだったんじゃないでしょうか。

 

私が考える結末はこうです。

 

ダニエルと最後、船の上で再開します。

そしてマリーとダニエルは一度キスをし、マリーは海に身を投げ彼方へと消えます。

 

このパターンだと作品の重厚感的にもマッチしますし、マリーの悲しみの深さも図りしれます。

 

彼女は自分が化け物に変化していく事に、只ならぬ不安を持っていました。

そりゃ誰だって化け物に変わっていくとなると、恐怖を覚えると思いますが、、、

 

とにかくその恐怖が嫌で、ダニエルに「化け物に変わる前に抱いて欲しい」と言います。

それが上の画像ですね。

 

行為の最中、彼女は自分の体が変化し始めた事をダニエルに言われ挿入を拒みます。

そこで分かりますよね。どこまで彼女が自身の体が変わっていくことに、恐怖を覚えていたか。

 

結局、SEXするんですけどね。

そんな中、彼女のお母さんが死にます。

 

というより殺されたのです。

彼女はそこで吹っ切れます。というより自暴自棄に陥ったと言う方が正しいかもしれません。

 

自分の体が変化していっているにも関わらず、父を振り切り職場に向かいます。

 

ここがターニングポイントだと思います。

彼女は自身の中に潜む化け物を隠そうとしなくなったからです。

 

当然、周囲の目は冷ややかなものです。

彼女はお構いなしに仕事をこなして帰ろうとすると、ロッカーに魚が詰め込まれています。

 

普通の人なら泣くでしょうが、吹っ切れ居ているマリーは意に介さずロッカーの掃除をして外に出ます。

 

するとマリーを虐める集団が待ち構えており、マリーを更に追い込みます。

もう自暴自棄に陥っているマリーは、自身の化け物を活用し難なく一人を殺してしまいます。

 

当然、仲間は憤怒しマリーを誘拐して船の中で殺そうしますが、呆気なくマリーに殺されてしまいます。

 

そして追ってきたダニエルと、抱擁して映画は終わります。

 

ここまで聞くと、マリーが最後ダニエルと離れても良かったと思うのではないでしょうか。

マリーはダニエルを愛している故という意味で。

 

この作品はストーリーもそうなんですが、世界観に引き込まれましたね。

とにかくマリーの孤独感を表すのが、とても上手いんです。

 

例えば自転車に乗っている所ですね。

一人で自転車に乗るのは、他人の存在がないという事です。

 

それはマリーという者が孤独という意味を持つと考えられます。

とにかく映像表現に長けた映画でした。

 

今日はそこまで

星10個中、8個

それじゃまた

 

『キングスマン』の感想を一言で言うと、「無茶苦茶すぎでしょ」

はい

今日は紹介するのは

キングスマン

 

f:id:kn-ia-5101:20161222225043p:plain

C/キングスマン/DVD

上の画像は一番、無茶苦茶な場面です。

どういった場面なのかは後述します。

 

この話を簡単に言うと、

地球の人口を減少させようと企む奴を阻止するっていう物語ですね。

 

個人的にノリは「デットプール」や「パシフィックリム」に似ているなと思いました。

ふざけ度合いが。

 

この下ネタバレあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁまず初めに上の画像の解説をします。

これは相手のボスの指示で、仲間の頭に埋め込ませていた制御チップが高温になってしまい頭が吹き飛んだ図ですね。

 

 

まぁ正確に言う主人公の機転で、その装置を乗っ取らせワザと高温にさせたんですけどね。

 

私はこれを見て来たなと思いましたね。

来たなと言うのは、ギャグに振り切ったなとの意味で。

 

それまでにも少しムっと思う所はあったんですが、別に気にしていなかったんですよ。

取るに足らない事だろうなと思って。

 

ですがここで今までのちょこちょこ挟んでくる不可解なのは、笑かしに来ていたんだなと悟りました。

 

納得しました。

例えば

f:id:kn-ia-5101:20161222225312p:plain

 C/キングスマン/DVD

f:id:kn-ia-5101:20161222225408p:plain

C/キングスマン/DVD

 

まず場面説明をしますと、このメガネの老人は実はスパイみたいなもので主人公に毒薬を飲ませようとしていました。

 

で主人公はそれを悟り、「あっあれは何ですか」的な感じで老人の視線を逸らします。

その隙に主人公は毒薬入りの養命酒?(笑)を取り替えます。

 

そこがね、私的には不可解です。

いかにも取り替えますよって感じしかしないじゃないですか(笑)

 

そしてどや顔で乾杯する主人公(笑)

これは笑かしに来ているといっても過言じゃないですね。

 

それにその後、老人が倒れた時にその養命酒?(笑)の取り換えシーンがフラッシュバックするんですよ。

 

いやいらなくないですか?

大体の人は分かりますよ。

 

あたかも視線をずらしましたと、カメラを上にパンをしてまた戻ってくるんですから。

でも逆にそういうカメラの動き的なのは、とても上手いなと感じる所ばかりでした。

 

特にアクションシーなどですね。

カットは割っているんですが、それを観客に分からせない巧みな繋ぎは称賛します。

 

あとはあの全編に流れる、意味不明な音楽も賛否が分かれるものかと思います。

全然合っていないんですが、B級映画ならそれもGoodなんですよね(笑)

 

メガシャークVS

みたいな感じで(笑)。

くだらない感じがまたいい。

 

私みたいなB級映画好きならってだけなので、普通の人はあんまり面白くなかったと思うかもしれませんね(この映画がB級とは言ってないです(笑))

 

映画は好みが分かれますからね。

今日はそこまで

星10個中7.5個

それじゃまた

(※個人的な感想です)

「きみはいい子」の感想を一言で言うと、『子供は健気』

 ども

今日紹介するのは『きみはいい子」です。

f:id:kn-ia-5101:20161212214545p:plain

C/きみはいい子/DVD

 

上の画像は私が一番、心に残ったシーンです。

その事は下で詳しく言います。

 

でこの作品は児童虐待の話。

もっと掘り下げるとその親の話とも言えます。

これも下で詳しく書きますね(笑)。

 

はっきり言って重たいです。

ですがこの作品はとても秀逸なので、是非色んな人に観て欲しいなと感じます。

 

この下ネタバレあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この作品は三篇からなっている。

 

一つ目は高良健吾が虐待されている子供を救うという話。

そして二つ目は尾野真千子が子供に暴力を振るってしまう話。

最後は障害を持った子と痴呆なおばあちゃんの話。

 

どれも違うテイストだが全て共通するものがある。

それは子供に接する大人といったものだ

子供を育てる人にもやはり自分が子供だった時代がある。

それは絶対だ。しかしその経てきた過程は人それぞれだ。

 

そして自分がする教育が正しいのかも自分では分からない。

それが顕著に現れているのは、二つ目の尾野真千子のやつだ。

 

尾野真千子は幼少の頃、愛情を注がれなく育った。

だから自分が大人になり子供を産んだ時に、子供に愛情を注ぐっていうのが分からないのだ。

 

そして仕方なく自分が経てきた様に、子供に暴力を振るってしまう。

それは例外なく現実の私達にも当てはまるのだ。

 

この作品を観て私が思ったのは、子供を育てるっていうのはとても大変だということ。

何故なら正解がないし、それに子供は健気に大人の言う事を聞いてしまう。

 

それは高良健吾のやつが当てはまる。

高良健吾は学校の先生で生徒に接している。

 

そんな中、一人学校にずっと残っている生徒がいた。

高良健吾がその生徒に訳を聞くと、「5時まで帰るなって言われている」と言った。

 

他にも暴力が振るわれているにも関わらず、その事を他の先生に正直に言えない。

その子供の心理は、また殴られるからかもしれないという感情から来ているかもしれない。

 

ですが私は、子供ながらに親を困らせたくないという思いからだと感じました。

それは尾野真千子の子供もそうですよね。

 

いつも虐げられているにも関わらず、親の顔色を伺う。

そして最後の障害を持っている子の話でも、両親は世間に迷惑をかけていると思っている。

 

が実際は痴呆のおばちゃんと心を通わし、迷惑どころか有り難く思われている。

そういった大人の価値観で全てが回っているのは、仕方ないと言えば仕方ないです。

 

ですが私は凄く嫌だなと思いました。

高良健吾の職場の一人が言っていた、「子供の目線」っていうのが全てじゃないでしょうか。

 

今日はここまで

星10個中9個

 

それじゃ