読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超私的なささっと読めるブログ。映画編

時間がない人の為に個人的な解説、解釈を簡単に書いています。

『ヴィジット』の感想を一言で言うと、「そうきたか!!」

はい今日は

f:id:kn-ia-5101:20170213155839p:plain

DVD

 

映画「ヴィジット」を紹介したいと思います。

 

 

この映画の点数

星10個中、7.5個

 

 

簡単なあらすじ

・姉弟が休日に、祖母のところに行きます。最初は楽しく過ごしていました。が次第に異変に気づき、調べていくと、、、

 

 

このブログで出てくる登場人物

・タイラー=ベッカの弟。ラップ少年。向かう所敵なし的な感じで、突っ走る性格です。

 

・ベッカ=タイラーの姉。タイラーとあんまり性格部分は変わりません。

 

 

この映画を見て。

一言感想通り、そのなるほどなって思いました。ある意味、騙されましたから。

私的には普通のホラー映画だと思ってたんですが、良い意味で裏切ってくれました。

それにPOV形式も良かったですね。個人的にはPOVが嫌いなんですが、この作品に関してはまだ許せました。おかしい点も多々ありましたよ。ですが上記の画像の怖さってのは、POVだから出せたのでしょう。

 

 

この映画をお勧めしたい人。

意表を突かれたい人。もっと言うと、先入観に捉われ過ぎる人は見て欲しいです。えっ、ってなりますから。

 

 

 

 

この下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず上記の画像ですが、母親に「あれは誰? 祖母じゃないわ」と言われ焦っていたら、祖母に見つかるという最悪の場面ですね。

 

まさか、二人が精神病の殺人鬼だったとはね(これは私の解釈なので、違うかもしれません)。

普通に幽霊が出てくるか、老夫婦に悪魔が取り憑いたのかと思っていたんですけどね。ちょっと想像の範囲を超えていました。

 

私が借りた場所はホラーの棚ですよ。そりゃ、幽霊が出てくると思うじゃないですか。最初っからミステリーの棚に置かれていたら、私も気づいたかもしれません。

 

しかも

f:id:kn-ia-5101:20170213182715j:plain

Amazon

 

このパッケーですし。

てっきり、部屋の外から聞こえる怪奇な音。それを調べていくと、姿を表す化け物。そんな感じの映画だろうなと思っていました。

まぁ結果的には良かったんですけどね。新鮮な感じがして。

 

 

演出

・個人的に最後の祖父が殺されるところは、あっさりしすぎだと思いました。

だって子供のタックルを二回食らった所で、さほどダメージはないでしょう。まぁ老人だからという理論は成り立つっちゃ成り立ちますが。それでも動けない程、ダメージを受けているのは考えられないです。人を木に吊るしてたりしていましたしね。力がない訳がありませんので。

 

シナリオ

・祖母が夜中、動き回って子供たちを殺そうとしていました。この時点では、まだ悪魔に取り憑かれたからと思っていました。そうじゃなく、精神を病んでいたのですね。上手く騙されました。

 

今日はそこまで

それじゃ