読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超私的なささっと読めるブログ。映画編

時間がない人の為に個人的な解説、解釈を簡単に書いています。

『ビリギャル』の感想を一言で言うと、「これは感動するでしょ」

はい今日は、

f:id:kn-ia-5101:20170311204045p:plain

DVD

 

ビリギャル」の超私的な解説、解釈をしていてきたいと思います。

 

上記の画像は、私が一番印象に残ったシーンです。

青春って感じがしますよね。

 

 

星10個中、9個

 

 

この映画を見て

いや〜感動ですね(笑)

この作品を見て、心を動かされない人なんているのでしょうか?

そしてその動かされない人は、一体どんな思考回路をしているのでしょうね。

少なくともこの作品を共感し合えない人は、友達にはなりたくないです(笑)

 

 

この話の重きは、努力は報われるって事です。

目的に向かって努力した者だけが、夢を手に入れれます。口先だけで行動に移さない人は、絶対に夢は叶いません。

そんな事を感じさせてくれましたね。

 

そして同時にこの作品は、家族のあり方も説いています。

一見、主人公ががむしゃらに勉強して、偏差値を40上げる。そんな話だと、勘違いしている人もいます。

 

が、そうじゃないんですよね。この話は、家族や友情の物語なのです。もちろん主人公は、さやかっていう女の子です。でもその周りの家族や友達が、重要でかけがえのない存在だったから、彼女は偏差値を40も上げれたんだと思いますね。

 

だからこの話は、彼女単体の話ではないんです。彼女を包み込む人々の話です。

本当におすすめなんで、是非みて下さい。

 

 

簡単なあらすじ

学校で勉強もせず、遊び呆けているさやか。そんな時、親に言われ塾へ見学に行きます。そこであの伝説の塾講師に会うのです。そっから、慶應義塾大学へ合格する為に、猛勉強するっていう話です。

 

 

このブログに出て来る登場人物

・工藤さやか=チャラけているけど、根はしっかりとしていて真面目。

 

・工藤龍平=さやかの弟。プロ野球選手になる為、日々鍛錬をしている。しかし実際は、、、

 

・工藤徹=さやか達の父親。龍平にしか目がなく、龍平をプロ野球選手にしようとスパルタ指導をしている。

 

工藤あかり=優しい家庭的な母親。しかし言う事は言う性格でもある。若干、子供に甘い部分があったりもする。

 

 

この映画をお勧めしたい人

受験生はもちろん、何かを頑張ろうとしている人。後は家族や、友達のあり方を知りたい人です。

 

 

 

 

この下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シナリオ

この話の肝は、家族です。

まず徹が龍平にしか興味を示さないのを見て、さやかは徹を毛嫌いしています。彼女がグレた理由にも、少なからず影響しているでしょう。

 

その徹ですが、龍平をプロ野球選手にしようと必死でした。自分がなれませんでしたからね。でも龍平はある日、徹にブチ切れます。

「もう野球なんてやらねー」的な。

 

さやかはそんな龍平に声をかけます。

「いいの? 今まで一所懸命にやってきたのに」と言います。

 

さやか的には激励のつもりだったんでしょう。

でも龍平は、「うるせぇよ。どうにもならない事だってあるんだよ」的な事を言い放ちます。

そして受験勉強を必死にしているさやかに、「姉貴もバカな夢追いかけるのやめろよ」とも言います。

 

酷く落ち込むさやか。が、そこにまたしても、追い打ちをかける出来事が起こります。模試の結果が散々だったんですね。

心がポッキリと折れてしまったさやかは、塾に行かなくなります。

 

そんなある日、龍平が本当に野球部を辞めたのです。

それに激昂した徹は、龍平をボコボコにします。それを止めたのは、あかりでした。バットを持ったんで、徹を殴るのかと思ったんですが違いました。窓ガラスを割って、音の衝撃で止めたのです。

f:id:kn-ia-5101:20170312014300p:plain

DVD

 

「そこのみにて光り輝く」や「共食い」的な感じで、暴力的な感じにしないんですね(笑)

当たり前ですけど。

 

そんな感じで、一旦場は収まります。

が、そこから龍平は、ヤンキーとつるむようになっちゃうのです。

見かねたさやかが龍平に説教をしに行くのですが、龍平は悪態をつきます。

「姉貴も塾に行かんとプラプラしとるんだろ。結局、俺たちはそんなものなんだよ」的な。

f:id:kn-ia-5101:20170312014932p:plain

DVD

 

そこでさやかは叫びます。「テメェト一緒にすんなよ」と。

吹っ切れたさやかは、また勉強に励みます。

 

そして紆余曲折があり、慶應義塾大学に合格するのです。

私的にはこの一連の流れが、さおりとその他家族の絆強化に繋がったんじゃないかなと思います。

 

だから、ただの勉強をするだけの女の子の話ではないって事です。

寧ろ、問題ありの家族がさおりの受験によって、わだかまりが解けたって話なんです。

 

今日はここまで

それじゃ