読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超私的なささっと読めるブログ。映画編

時間がない人の為に個人的な解説、解釈を簡単に書いています。

『貞子vs伽椰子 』の感想を一言で言うと、「やっぱり駄目だった」

はい今日は

f:id:kn-ia-5101:20170315192706j:plain

 

貞子vs伽椰子」の超私的な解説、解釈を書いていきます。

 

 

星10個中、6.5個

 

 

初めに

予告編をみた限りでは、しょうもない作品だなと思ってたんですよ。

幽霊が飛び回ってたんで。

 

そしたら案の定、凄くつまらなかったです(笑)

B級の下があればつけたいくらいですね。

 

しかし最初こそは、しっかりと作り込まれていたんですよ。

何故、中盤からあんなにもふざけた感じにしたのでしょう。本当に勿体ないです。

その辺の詳しい事は、後述します。

 

 

簡単なあらすじ

呪いのビデオを見てしまった友達を、助けようとする倉橋有里。そして辿り着いた答えは、貞子と伽倻子を闘わせて呪いを解こうという事だった。その為に奔走す友里。そんな話です。

 

 

このブログに出てくる登場人物

・上野夏美=平凡な大学生。その癖、謎に正義感が強い。

 

・倉橋有里=夏美と変わりなく、平凡な大学生。だが呪いのビデオを見た事で、死ぬ恐怖にビビってしまいます。その結果、幾つかの面倒を起こします。

 

・高木鈴花=伽倻子の家の隣に引っ越してきた。元々、霊感があったのか、鈴花は伽倻子の家に引き込まれていきます。

 

 

 

 

この下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想

本当に惜しい。

戦わせなかったら、怖い良作になった事でしょう。

 

それはつまり、この作品すべてを変える事になりますが(笑)

コメディで観るなら、十分楽しめます。

 

そしてカップルで観る場合も、しかりです。

何故なら、そこまで怖くないからです。

 

 

超私的な解説、解釈

まずは良かった所を書いていきます。

 

中古店でバイトをしている子が、自殺しちゃう所。

そして伽倻子の家に入っちゃう餓鬼たちです。

 

その二点ですね。

上の中古店バイトが自殺するですが、これは何と言っても呪いのビデオが実在すると知れたシーンです。二人は恐怖に、戦慄します。そこが良かったですね。

 

下の伽倻子の家に入る餓鬼ですが、この場合は描写が恐怖でしたね。

押入れに隠れているいじめられっ子。そしていじめっ子が来たので、押入れを開けて突き飛ばす。しかし次の瞬間に、俊雄に捕まってしまい殺されます。

そのインパクトが良かったですね。

 

そこがピークで、徐々に暗雲が立ち込めていきます(笑)

 

次に悪い点

これは何と言っても、伽倻子と貞子が会ってしまう所ですね。

二人の幽霊が衝突するってのが、まるで意味が分かりません。

 

そんな事を言ったら、この映画は成立しないんですけどね(笑)

それでも、霊媒師が言っていた「人間の取り合い」って、不可解すぎでしょ。

 

そもそも幽霊に奪い合いって意思は、ないと思うんですよね。

死んでいるのですから。

 

そして最後の霊を閉じ込めたけど、出てくるってのは寒いです。

本当にB級映画そのものです(笑)

 

霊媒師の男の方も、何気に死んでますし(笑)

はぁ〜つまらない。

 

鈴花が伽倻子の家に行き、敏夫に会い腰を抜かします。そこに助けに来た両親の父親の首が、俊雄により伸ばされます所も笑っちゃいます(笑)

 

そこはもう少しシリアスにしましょうよ。

まっ、これは軽く観る感じの作品ですね。

それでも99分も観るのは、ちと勿体ないなという気がします。

 

今日はそこまで

それじゃ。